【目指せアッパーマス】2021年9月~12月の下期投資戦略に関して

こんにちは。こま犬です。

今回は自分の備忘録もかねて2021年の下半期の身の振り方・今考えている内容をメモしておこうかなと思います。

スポンサーリンク

9月イベント

  • アメリカ 雇用統計 9/6
  • FOMC 9/21~22
  • Apple 基盤下落&新製品発表 いまいち?? 9/14
  • 恒大集団 の未払い問題 9/20
  • 菅さん首相継続やめる
  • バイデンさん 増税説??

恒大集団さん、逝く。

投資戦略

①ばいばいアップル。。

9/1からAppleを月次積み立てしようかなと設定さしていたけど、今後の収益鈍化が見込まれるため、解除。1株だけだったのでこれから塩漬けか、すぐさばいて消す想定。

②ばいばいオルカン

恒大集団 が負債抱えすぎてデフォルトの危機、中国経済にも少なからず影響出ると思われる。負債は2021年時点で3010億ドル(約33兆円)相当。※wiki参照

おそらく社債を保有する銀行さんなんかも影響を受ける。ブラックロックさんどんまい。。

中国経済単体には投資してなかったけど、10%程度比率に含まれているオルカンさんを思い出した。こま犬さんは10月以降の投資資金を確保するために、オルカンを全売却することに決定。※積み立ては存続

③積み立てやっとくぐらい

FOMCが9/21~22で開催。前回、賃金が上がっているけれども雇用統計の伸びが悪く、そこまで大きな動きとらないかなと思い、何か株式買うとかせずに静観。

④日本株はありかも

日本株は首相交代で経済回復に期待が走り、上がる傾向にありそう長ければ年内持つし、少なくとも9月までは+に行くんじゃないかなーと楽観的予想。海外の影響受けなければいいかな。

スポンサーリンク

10月~12月イベント

  • 米雇用統計  公表予定日 10/8, 11/5, 12/3
  • FOMC 11月 or 12月でテーパリング(金融緩和の縮小)決定
  • NTT決算短信が11月ぐらいにリリース

①日本株買い&ばいばいNTT

日本株は今年度いっぱい強そうかなと予想。9月で中国の株価下落、10~11月のアメリカ株下落に引っ張られる部分もあるだろうけど、そこまで気にしていない。

個人的にはNTT株を保有しており、菅さんのおかげで個人が携帯電話料金爆下げしたものの、法人的には大打撃かなと。※あこぎな商売だったかなと思う部分もあるので致し方なし。スマホをすぐに解約といった事は少ないかもしれないがじわじわと移転が増えるまたは自ら価格引き下げが進むだろう。なので次の決算短信が出る前、9月末~11頭ぐらいのどこかにかけてばいばいする

②テーパリングの後にアメリカ株スポット買い×4+積み立て増資

テーパリングを実施することで、市中金利が上がり、企業に融資が入りずらくなる。成長も鈍化しやすく、株価は下落する。中長期的な目線で見るとこのタイミングで10%~20%程度は株価下落するかなと思い。正座待機。

こま犬
つっつこみたい。。早漏な気持ちを我慢せねば。。

終わりに

今は我慢と、なんでこんな風に投資するのか自分の中での理由付けが大事かなと改めて思いました。適度に見直してこんなこと考えてたなと振り返れればいいかなと。

補足:テーパリングとは

政策金利が実質ゼロ水準にあり、これ以上の引き下げ余地が無い状況下における金融緩和策として、量的緩和策(QE:Quantitative Easing)がある。量的緩和策は、国債や住宅ローン担保証券(MBS)などリスク性のある金融資産を中央銀行が直接買い入れることで、市中への資金供給を増やし景気を刺激することを狙う。

これに対しテーパリングとは、量的緩和策による金融資産の買い入れ額を順次減らしていくことを指す。出口戦略とも呼ばれ、雇用統計などの指標の改善に一定の成果が上がった時点で量的緩和策を縮小していくことを示す用語として使われる。

引用:https://www.nomura.co.jp/terms/japan/te/A02203.html

スポンサーリンク
コメントを残す

おすすめの記事